上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 富士フイルムは24日、3次元(3D)映像の撮影や表示ができるコンパクト型のデジタルカメラ技術を開発したと発表した。特殊な眼鏡などを使わずに裸眼で認識できるものは世界初という。3D映像を特殊加工の立体プリントにするサービスや、液晶モニターを使った「デジタル写真立て」など関連商品も開発して、09年中に商品化する。

 デジタルカメラは特徴を出すのが難しくなっており、差別化を進める狙いだ。

 カメラにはレンズと電荷結合素子(CCD)を2基ずつ搭載。異なる角度から撮影した映像を新開発の技術で瞬時に合成する。液晶モニターに画像のちらつきを抑える独自技術を使い、裸眼で見やすくしたという。通常の2次元撮影もできる。

3D撮影可能なデジカメ

http://www.asahi.com/business/update/0924/TKY200809240293.html

ものやんの感想
立体プリントにするサービスが必要だったり
3Dで表示させる物を買わないといけなかったりするのかな
その辺問題点がありそうだけど
確かに興味は惹かれるけど…
スポンサーサイト
 松下電器産業は12日、業界最小・最軽量となるデジタル一眼レフカメラ「ルミックスDMC-G1」を10月31日に発売すると発表した。

 オリンパスと共同開発した交換式レンズの小型規格を採用した。市場想定価格が本体のみで8万円前後、標準レンズ付きは9万円前後の見込み。本体重量385グラムで、有効画素数は1210万画素。

Panasonic デジタル一眼レフカメラ LUMIX (ルミックス) G1 Wレンズキット コンフォートブルー DMC-G1W-A

http://sankei.jp.msn.com/economy/it/080912/its0809121942000-n1.htm
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。