上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体重支持型歩行アシスト
 Hondaは、体重の一部を機器が支えることで、歩行や階段昇降、中腰などの際、脚にかかる負担を軽減する「体重支持型歩行アシスト」の試作機を公開した。今後は、実際の使用環境での有効性を検証していく。

 「体重支持型歩行アシスト」は、使用者※の体重の一部を機器が支えることで、脚の筋肉と関節(股関節、ひざ関節、足首関節)の負担を軽減する。機器はシートとフレーム、靴で構成されるシンプルな構造となっており、靴を履き、シートを持ち上げるだけで、手軽に装着することができる。また、Honda独自の、人の重心方向へアシスト力を向かわせる機構と、脚の動きに合わせたアシスト力の制御により、様々な動作・姿勢での自然なアシストを可能とした。

 Hondaは、より多くの人に移動する喜びを提案するため、1999年から「歩行アシスト」の研究を開始。ASIMOに代表される人の歩行研究から得られた知見を基に、機器の研究を進めてきた。今月より、「体重支持型歩行アシスト」の試作機を用い、埼玉製作所(埼玉県狭山市)で、機器の有効性を検証していく。

 なお、「体重支持型歩行アシスト」など一連の歩行アシストの研究は、株式会社本田技術研究所基礎技術研究センター(埼玉県和光市)で行っている。
※自力での歩行が可能な人

■主な特長

1.手軽に使える乗用型
・機器につながった靴を履き、シートを持ち上げるだけで、アシストを開始できる。
・身体に機器を固定するベルト等がなくてもアシスト効果を得ることができる。
・脚の間に機器を配置する構造としたことで、幅を取らず、動きやすい。

2.体重を支持するアシスト手法
・モーターの力により、靴とシートとの間にあるフレームをひざのように曲げ・伸ばしすることで、シートを押し上げて体重の一部を支え、脚の筋肉と、関節(股関節、ひざ関節、足首関節)の負担を軽減する。
・シートとフレームが体と脚の動きに追従する独自の機構を開発。アシスト力が、人の脚の力と同様に身体の重心付近に向かい、歩行や階段昇降、中腰など様々な動作・姿勢でのアシストを可能とした。

3.自然なアシスト力制御
・靴に内蔵したセンサーなどの情報で2個のモーターを制御し、脚の動きに合わせてアシスト力の左右配分を変えることで、自然な歩行を実現する。
・ひざの屈伸にあわせてアシスト力を調整し、階段昇降や中腰などひざへの負担が大きな動作・姿勢での効果を高めた。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=204629&lindID=4

ものやんの感想
中腰で負担が掛かる重労働や
福祉の現場等で活躍しそうだね
行く行くは、足腰に力が入らない
お年寄りに使われるのだろう
ものやんの足腰が、動かなくなる頃には
完成度の高い歩行アシストが、ある事だろう
だた、金銭的それが、使えるとは限らないけど…
既に腰痛持ちな、ものやんは興味があります
これは欲しい度:★★★★★★★
ホンダ、「体重支持型歩行アシスト」の試作機を公開 の2chの反応を読む
スポンサーサイト
 人間に代わって掃除や洗濯をこなしてくれる家事手伝いロボット「AR」を、東京大学とトヨタ自動車が共同開発し、24日発表した。

 ARは「アシスタント・ロボット」の略で、高さは1メートル55、重さ130キロ。五つのカメラで家具の位置を確認し、「足」の部分の車輪で移動する。

 食卓では、いすを動かし、モップでテーブル下の床を掃除。終わった後はいすを元通りに戻すことができる。

 「しわ」の状態から、いすにかかっているシャツを認識して洗濯機まで運び、洗濯機のスイッチを押すまでの作業もこなす。

AR

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20081024-OYT1T00668.htm

ものやんの感想
スペック見ると、結構デカいんだな
人型にする意味があるのか疑問だけど
人が掃除するよりは、綺麗に出来ないんだろうね
何処まで綺麗にしてくれるかも重要だよね
それにデカいから、こいつ自体の収納に悩むかもね
掃除婦度:★★★★★★
東大・トヨタ:掃除、洗濯をこなす家事ロボット開発 の2chの反応を読む
ブロガーロボ
 バンダイは、パシフィコ横浜で開催中のパートナーロボット総合展示会「ROBO_JAPAN 2008」でネット対応のパーソナルロボット「NetTansorWeb」(ネットタンサーウェブ)を展示している。2006年に発売した「NetTansor」の進化版。写真を撮り、ブログにアップする“ブロガーロボ”に成長した。

 まずはロボットが作成したブログを見てほしい。カイワレ大根を2時間おきに撮影した「カイワレ成長ブログ」、社内に遅くまで残っている不幸な人たちを観察した「残業ブログ」、毎日の晩ご飯を紹介する「今夜の晩ご飯」など。おいしそうなシチューに写真に「なごやかな感じデス」という微妙なコメントが添えられている。

 この“ロボの一言”は、ネットタンサーウェブが自分で付け加えたコメント。より正確に書くと、ネットタンサーが内蔵の無線LANで接続したPC上のアプリケーションが書いている。そう。ネットタンサーは、重い処理をPCに任せることでさまざまな機能を実現したネットワークロボットなのだ。

 専用アプリケーションには10以上の機能があり、ブログもその1つ。「ブログパートナー」という機能を使うと、写真を撮影してアップロードし、自らエントリーを投稿するという作業を自動的に行う。さらに閲覧している人たちのコメントを見て、リクエストに応えることも可能。例えば、撮影した写真に対して「もう少し右を見せてください」などと書き込むと、コメントの文字列を解析してネットタンサーが移動し、撮影し直してくれる。

 「全文解析のような複雑なことはしていません。コメントの中にある特定のキーワードに反応して動くようになっています」とバンダイ、生産・技術支援部開発技術支援チームの芳賀義典氏。「従来のネットタンサーは、教材としてのイメージが強かったのですが、今回は“ネットで遊ぶ”のがコンセプト。よりエンターテイメント性を持たせてみました」(同氏)。

 従来のネットタンサーと同様、ネットワーク越しにユーザーが操縦することもできる。前進/後退、左右の回転などロボットをリモート操作が可能だ。ユーザーの言葉をネットタンサーに発話させることもできる。

 ハードウェアは従来のネットタンサーとあまり変わっていない。変更点は、まず頭部のネットワークユニットがACアダプターに対応したこと。移動は制限されるが長時間の駆動が可能になり、前述の「カイワレ成長ブログ」のように、定点観測を行うようなケースにも対応できるようになった。また、本体前面に赤外線リモコン信号の送出機能を装備。コマンドを学習させておけば、ロボットを操作して照明やテレビをつけることができる。

http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0810/12/news004.html

ものやんの感想
ブログもロボットが作る時代か…
もう、その内人間いらなくなるね
ロボットの作ったブログどんなものか
見てみたい!
自動度:★★★★★★★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。