上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1233907337/l50
ガチャピンPC
バンダイネットワークスは6日、テレビ番組「ポンキッキ」のキャラクター「ガチャピン&ムック」をモチーフにした小型ノートパソコンを発売した。本体をガチャピンと同じ黄緑色にし、パソコンの起動やメールの着信などを、それぞれの声で知らせる仕掛けを施した。ワンセグ放送に対応しており、ガチャピンのイラストをあしらった専用の番組表ソフトも使える。

液晶画面は8.9型ワイド。160ギガ(ギガは10億)バイトのハードディスク駆動装置(HDD)を内蔵し、重量は1.08キロ。バッテリー駆動時間は約4.7時間で「キャラクター物」でない小型パソコンと比べても遜色(そんしょく)ない水準としている。

価格は7万9800円。受注生産で、同社が運営する通販サイトで2月6日から3月20日まで予約を受け付ける。パソコンは工人舎からOEM(相手先ブランドによる生産)で調達する。20―30代のガチャピンとムックのファンを狙い、1000台の受注を目指す。

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20090206AT3K0600E06022009.html

ものやんの感想
こりゃ外に持って歩けないよ
いい大人が、この色持って歩くの勇気いるな
子供向けなのに高いなと思ったら
>20―30代のガチャピンとムックのファンを狙い、1000台の受注を目指す。
20から30代のファンを狙いとは…
ガチャピンとムックの熱狂的ファンが20代30代にいるのか?
スーツでピッシと決めたサラリーマンに使ってもらいたい
大人向け度:★★★
「ガチャピン」あしらった小型PC バンダイネット の2chの反応を読む
スポンサーサイト
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1233417666/l50
Google検索で不具合が起きていた。
どんなキーワードで検索しても「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示されていた。。

Google検索で、1月31日午後11時35分ごろから一時、不具合が起きていた。
どんなキーワードで検索しても「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示され、検索結果をクリックするとマルウェア感染の警告を示すページを表示。
検索結果に直接アクセスできなくなっていた。
不具合は12時15分(2月1日0時15分)ごろ解消した。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/01/news001.html

ものやんの感想
ものやんもこのメッセージ見ました
検索して全てに、このメッセージが出たから
別に怪しい単語を検索していないのに…
と不思議に思っていたら
不具合だったのか、焦るよなこんなメッセージが出たら
キーワー度:★★★★★★★
Googleに不具合 全検索結果に「コンピュータに損害を与える可能性」とメッセージ の2chの反応を読む
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1231485379/l50
▽100兆ビットスパコン、世界で2例目

 世界のスーパーコンピューター上位500台ランキングがこのほど発表された。それによると、マイクロソフト社のオペレーティングシステム(OS)「Windows HPC Server2008」を搭載した中国産スパコン「曙光5000A」は、理論ピーク性能で毎秒233兆4700億フロップス、リンパックベンチマークで毎秒180兆6千億フロップスの性能でトップ10入りした。こうした100兆ビット級スパコンの開発に成功したのは、米国に次いで中国が世界で2番目となる。

 中国科学院(科学アカデミー)計算技術研究所高性能計算研究センターの趙暁芳主任によると、同スパコンは上海超級計算センターに置かれており、応用性と操作性を兼ね備えたものだという。

▽スパコン、家庭用パソコン33年分の仕事を1日で処理

 上海超級計算センター高性能計算技術部門の姚継峰総監によると、100兆ビットスパコンが一日に処理する内容を家庭用パソコンで処理しようとすれば約33年がかかるという。「曙光」シリーズは1号からスタートし、その後1000、2000、3000、4000と進化して現在の5000Aに到達した。ピーク性能は毎秒25億ビットから毎秒200億ビットを経て、さらに毎秒100兆ビットに向上した。こうして中国の高性能コンピューターの歴史は絶えず書き改められている。

http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY200901070200.html

ものやんの感想
なんだか良く判らないけど
中国がすげースーパーコンピューターを作ったぜと言いたいのね
>家庭用パソコンで処理しようとすれば約33年がかかるという
どのスペックの家庭用パソコンですか?
まぁ億とか兆とか凄い単位使いまくってるから凄んじゃねぇ?
100兆ビット度:★★★★★★★★★★
中国製100兆ビットスーパーコンピューター誕生 世界で2例目 の2chの反応を読む
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1231147844/l50
レノボ
パソコン(PC)メーカー世界第4位のレノボ・グループ(連想集団)が、デュアル・
ディスプレイ(2画面)のノートPCを発表する。

今週ラスベガスで開催されるコンシューマ・エレクトロニクス・ショー(CES)で、
同社は2画面ノートPCをはじめノートパソコンの新製品をいくつか発表する。

「ThinkPadW700ds」は、メーンとなる17インチ液晶ディスプレー(LCD)の
ほか、後方から右側に出る10.6インチのLCDを搭載している。

「ThinkPad」のマーケティングマネージャー、ウェス・ウィリアムズ氏は、職場で
2画面のパソコン環境に慣れている人が増えていると指摘。新作の「ThinkPad」
により、モバイル作業で妥協する必要がなくなる、と述べた。

値段は3600ドル、重さは11ポンド(約5キロ)になるという。

http://jp.reuters.com/article/technologyNews/idJPJAPAN-35705320090105

ものやんの感想
メインが17インチディスプレイでサブのディスプレイが10.6インチ
それで、テンキーも付いているし、重さは約5キロと
もはや、モバイルと呼べるものでない、持ち歩くものではないな
価格も3600ドルとこれまた高い、誰が買うんだと!
コレ見たとき3画面にしてダライアス出来るじゃんと思った
反応見ると、やっぱり同じ様に思った人多いんだな
モバイルデスクトップ度:★★★★★★★★
中国のレノボ、デュアル・ディスプレイのノートPCを発表 価格は3600ドル、重さは約5キロ の2chの反応を読む
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1230309825/l50
 東芝は26日、急速充電できる独自のリチウムイオン充電池「SCiB」を搭載したノート型パソコンを来年中に発売する方針を明らかにした。また、長時間使える小型燃料電池も、パソコンや携帯電話に搭載して来年度に製品化する。モバイル(携帯)機器は電池切れの課題があり、東芝は新技術をいち早く製品化して、有望なモバイル機器市場で独自性を打ち出す。

 SCiBは、材料の構成を従来型と変えるなどして充電時間を短縮した。製品化する当初のパソコンは10分程度でフル充電できる性能にし、将来的に充電時間を5分にする。製品の詳細は今後詰めるが、数時間の連続使用が可能になる見込みだ。

 最近のノートパソコンは軽量小型のリチウムイオン充電池が主流で、現在の東芝製では連続稼働時間が最大12時間。充電は約4時間かかるが、SCiBを使えば外出前のわずかな時間で充電が済む。東芝は新型充電池の新工場を新潟県柏崎市に来年秋に建設するが、SCiB搭載パソコンの発売で、パソコンの市場シェアを拡大するとともに、工場の稼働率向上にもつなげる。

 一方、携帯型の燃料電池はメタノールを燃料にした試作品を完成させており、搭載した携帯電話を来年度に発売する。ノートパソコンにも搭載する計画。「電源にリチウムイオン充電池と燃料電池をそろえ、好みで選べるようにする」(東芝)戦略で、競争が激しいモバイル機器で新たな需要を取り込む狙いだ。

http://sankei.jp.msn.com/science/science/081227/scn0812270116000-n1.htm

ものやんの感想
ノートPCのに、この「SCiB」を搭載したのは
幾らになるのだろうか、価格は結構するのかね
ものやんは、ノートPCを外出先に持っていく事ないから
ノートPCの急速充電は、要らないけど
急速充電できるリチウムイオン充電池は今後
PCでなく色々なものに応用が利きそうだ
いずれ期待度:★★★★★★★★
東芝、10分で急速充電のノートPCを来年発売--新型リチウムイオン電池で実現 の2chの反応を読む
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1229156646/l50
 シャープが、1990年代に大ヒットした携帯情報端末(PDA)「ザウルス」の生産を停止していたことが13日、わかった。

 日本のPDAでは草分け的存在だが、パソコン並みの機能を備えた携帯電話「スマートフォン」の登場などで、役割を終えた。在庫がなくなり次第、販売も中止する。修理などのアフターサービスは続ける。

 ザウルスは93年発売。液晶画面にタッチパネル方式で文字などを入力できる仕組みをいち早く採用したほか、パソコン通信やカラー液晶など時代を先取りする機能を次々に盛り込み、ビジネスマンらの支持を集めた。

 ザウルスの登場後、PDA市場にはソニーやカシオ計算機なども参入。市場は2000年に100万台まで急拡大。しかし、携帯電話の高機能化などの影響から市場が縮小し、シャープも06年3月のモデルを最後に新製品の発売を停止していた。

 シャープは現在、携帯電話機の国内市場シェア(占有率)でトップ。担当者は「ザウルスの機能は携帯電話に受け継がれている。ザウルスのブランドを冠した新たな商品を投入することも検討している」と説明している。

ザウルス

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20081213-OYT1T00466.htm

ものやんの感想
ザウルスは、友人がユーザーだったので
持っていないが、使わして貰ったことがあった
カラーザウルスが、発売になった時
ものやんは購入を検討したんだが
高嶺の花だったので断念した思いがある
かなり前の事だね、それからザウルスを気にした事は
なかったが…生産停止してたんだね
携帯へ度:★★★★★★★
PDAの草分け「ザウルス」生産停止、高機能携帯に押され の2chの反応を読む
 オンキヨー株式会社は、ソーテックブランドのPCとして、高音質再生を追求しつつ、価格を抑えた「HDC-1L」を12月3日に発売する。価格はオープンプライスで、直販サイトでは59,800円で販売される。愛称は「music Nettop」。
 オンキヨーのPC用同軸2ウェイ・アクティブスピーカー(GX-77M/ペア26,250円)をセットにしたモデル「HDC-1LGX」(74,800円)のほか、同スピーカーと、パネル解像度1,440×900ドットの19型ワイド液晶ディスプレイをセットにした「HDC-1LGX/19W1」(99,800円)もラインナップする。

 性能をメールやWebブラウジングが快適に行なえる程度に抑えることで、低価格化を実現した“ネットトップPC”。CPUに Intel Atomプロセッサ230(1.6GHz)を採用。メモリは1GB。シリアルATA接続の160GB HDDを備え、スロットインタイプのDVDスーパーマルチドライブを採用。OSはWindows XP Home。メモリの拡張スロットは無く、カスタマイズは行なえない。

 同社はオンキヨーブランドで、これまでHDオーディオコンピュータ「HDC-1.0(S)」や、「APX-2(H)」といった、高音質/静音を重視した小型PCを販売しているが、いずれも価格は20万円以上だった。「HDC-1L」はマシンスペックを抑えることで、6万円を切る価格を実現したのが特徴。従来のHDオーディオコンピュータはコンポ売り場などでも取り扱われていたが、「HDC-1L」はPC売り場での販売となる。

 専用開発のサウンドボードを搭載し、S/N比120dBを実現。DACには同社AVアンプにも使われている、バーブラウン「PCM1796」を左右チャンネル用に個別に搭載。パルス性ノイズを低減させる独自の「VLSC2」技術も取り入れている。なお、サウンドボードとPCはPCIバスではなく、USBで接続されている。出力端子はシンプルで、アナログステレオ(RCA)のみ搭載。アンプは内蔵していない。

 マザーボードにはステレオミニのライン入出力、マイク入力を各1系統装備する。USBは前面に2ポート、背面に4ポート用意。映像はアナログRGB(ミニD-Sub 15ピン)のみ。シリアル、パラレルポートも備えている。24bit/96kHzの再生にも対応し、ライヴ音源や試聴用楽曲をプリインストール。CD音質でクラシック20曲も収録している。

 RIリモート端子も用意しており、オンキヨーのアンプ「A-905FX」や、システムオーディオ「FR-N7/N9FX」、「CR-D2」などと連携可能。「HDC-1L」に付属するリモコンで電源をONにすると、アンプの電源も連動してONになるほか、再生ソフトを起動させると、アンプの入力がPCが接続されているCD-Rに切り替わる。

 再生ソフトとして「PureSpace」をプリインストール。10フィートUIを採用したもので、付属のリモコンを利用し、同社音楽配信サイト「e-onkyo music」から購入した24bit/96kHzの楽曲など、様々な音楽ファイルが再生可能。CD再生も行なえる。再生時にWindowsの音量ミキサーをバイパスし、音声信号をダイレクトで伝送する「PDAP(Pure Direct Audio Path)」機能に対応しており、同プレーヤーで再生すると、劣化の要因となる伝送経路をパスでき、より高音質な再生が可能。

 音質面の利点に加え、Windowsの警告音やメール着信音などの信号をシャットアウトできるため、アンプのボリュームを上げている時に警告音が大音量で流れることが無いという。付属のリモコンは「PureSpace」だけでなく、iTunesの操作にも対応。ただし、iTunes使用時にはPDAP技術は使用できない。DVD再生用の「Power DVD 7 OEM版」も付属している。

 静音性も追求しており、騒音レベル18dBを実現。側面の冷却ファンと本体をフローティングして振動を伝わりにくくしており、あえてファンを緩く固定するといったアイデアも投入。HDDもゴムブッシングでマウント。スーパーマルチドライブの天面にも防振テープを貼るなど、細部に工夫が施されている。電源は内蔵しておらず、付属のACアダプタで駆動する。フロントパネル右側に「POWERED BY ONKYO」のロゴが入るほか、鳥取県倉吉市にあるオンキヨーのグループ工場で作られたことを示すシールも貼られており、品質の高さをアピールしている。

 外形寸法は205×240×92.5mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約3.5kg。消費電力は標準で約35W、最大で約55W。

SOTEC デスクトップパソコン SOTEC HDC-1L本体単体モデル HDC-1L

http://av.watch.impress.co.jp/docs/20081202/onkyo.htm

ものやんの感想
ソーテックブランドとして販売するようですが
ソーテックには、良い印象がありませんね
このPC自体には、とても魅力はありますけどね
仕事でとある企業が、ソーテックのノートPCを大量に発注したのですが
その不良率の高さに驚いた覚えがあります
そして、その件で苦労しました
初期不良が、5台に1台ぐらいの確立であったと思いますよ
後にソーテックも良くなったと聞きましたが…
既に苦い経験をするとトラウマ状態で「良いと言われても…」
ブラン度:★
オンキヨー、実売59,800円の静音・高音質パソコンを発売…ソーテックブランドから の2chの反応を読む
USB.jpg

 25Gバイトのデータも、70秒間で転送可能になる。これは、米国時間11月17日に正式な仕様が発表された「USB 3.0」がベースとなるデバイスで、消費者が期待できる高速転送速度である。

 以前にも報道されていたように、USB Promoter Groupは、カリフォルニア州サンノゼで17日に開催された「SuperSpeed USB Developers Conference」において、正式に確定したUSB 3.0(SuperSpeed USB)の仕様をアナウンスし、その「包括的な評価」を実施していることを明らかにした。

 Intel、Microsoft、Texas Instruments、NECなどが、USB Promoter Groupを構成する主要な企業となっている。

 (USB 3.0に対応する)初期のデバイスの中でも、外付けのソリッドステートドライブ(SSD)やハードディスクドライブ(HDD)は、特に高い人気となるだろう。USB Promoter Groupは、「SuperSpeed USBに対応する初のデバイスは、SSDなどのフラッシュドライブや外付けHDDを始めとするデータストレージデバイス、デジタル音楽プレーヤー、デジタルカメラなどになるだろう」と述べている。

 しかしながら、実際にUSB 3.0に対応した製品は、2010年までは発売されない。USB Promoter Groupは、「まず2009年後半に、SuperSpeed USBに対応した個別のコントローラが登場することになり、その後、2010年中には、消費者向けの製品がローンチされることになる」と説明している。

 「現在、USB 3.0 Promoter Groupは、1.0バージョンのレベルに確定した、USB 3.0仕様を採用する企業などの受け入れを進めている」との説明も加えられている。

 SuperSpeedという名称そのものが示しているように、USB 3.0の最大のメリットは、高速スピードにある。厳密に言うならば、USB 2.0の仕様と比較して、およそ10倍の高速転送速度を備えている。

 Microsoftが、11月6日に「WinHEC 2008」で示したスライドには、次のようなデータが紹介されていた。

 25Gバイトの高精細(HD)映画の転送速度:

USB 1.0仕様ならば、9.3時間を要する。
USB 2.0仕様ならば、13.9分を要する。
USB 3.0仕様ならば、70秒を要する。

 とはいえ、USB 3.0の新仕様が実際に登場するまでには、長い道のりがあった。USB 2.0の仕様は、ほぼ8年前に正式なスタートを切った。Microsoftは、WinHECにおいて、仕様の確定に至るまで、多くの時を要した点に注目しつつ、USB 3.0への疑問を提起してもいる。MicrosoftのLars Giusti氏は11月に入って、こうした遅れが生じているため、「われわれは難題に直面しており、RTM(メーカー向けのリリース)バージョンでは、Windows 7でUSB 3.0がサポートされることはない」と語った。

 Giusti氏は、「これまでの3年間は、USB 3.0の業界スケジュールおよびチェックポイントを振り返ると、非常に長くて困難な道のりであり、挑戦となる問題も多かった」と付け加えている。

 現在、Microsoftは、Windows VistaやWindows 7にて、USB 3.0へのサポートを提供するかどうかについての検討を進めている。

http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20383798,00.htm

ものやんの感想
昔、知り合いにUSBは魔法のインターフェイスと言った人がいた
旨い事言うなと思いましたね、USBは気軽に使えて
実際に普及して、今では当たり前のインターフェイスだよね
PC初心者にしてみれば挿せば使えますからね
ドライバが必要なものは、要求するしね

「USB 3.0」は仕様が発表されただけで
まだ使える様になるには、時間掛かりそうだけど
期待出来るね
期待度:★★★★★★★★
次世代の高速「USB 3.0」規格の仕様が正式決定 の2chの反応を読む
玄人志向は13日、2.5型SATA接続HDD用の拡張PCIカード「eSATA+2.5SATA-PCI」を発表した。今週末の出荷予定で、店頭予想価格は3,000円前後。

PCIカードの上に、そのまま2.5型HDDを搭載できる

PCIカードの基板"上"に、2.5型SATA接続HDD用のベイ×1を装備したユニークな製品。ブラケット部にはeSATAインタフェースも備える。SATAコントローラチップは「SilliconImage SiI3512」で、対応OSはWindows 2000/XP/Vista。

eSATA+2.5SATA-PCI

http://journal.mycom.co.jp/news/2008/11/13/069/index.html

ものやんの感想
流石は玄人志向だ!マニアックな物を販売する
ものやんは1回玄人志向の商品を買った事あります
だけど、こんなの使う人いるの?
まぁ、一般人は買わないよね
玄人志向度:★★★★★★★★★
玄人志向、カードの"上"に2.5型HDDを搭載できるSATA/eSATA拡張PCIカード の2chの反応を読む
 米デルは11日、9月に発売した超小型・低価格ノートパソコンを約1万5000円値下げすると発表した。モデルによっては最大3割安い3万5000円になる。通称「5万円パソコン」では、米ヒューレット・パッカード(HP)や東芝も相次ぎ価格を引き下げており、これに対抗する狙い。消費低迷が続くなか、高成長が見込まれる同市場には各社が参入しており、年末商戦をにらみ早くも消耗戦の様相を呈してきた。

 デルが値下げするのは「インスパイロン・ミニ9」。基本ソフト(OS)にリナックスを採用した低価格機では約5万円から約3万5000円に値下げする。OSがウィンドウズXPの主力モデルでは、ネット直販価格(約6万5000円)を約5万円にする。11日受注分から適用、量販店でも同日までに値下がりした。

 データ通信のイー・モバイルの特定料金プランの加入を条件にしたモデルでは約1万円から100円に値下げした。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081111AT1D110A311112008.html

ものやんの感想
メインマシンには、向かないだろうけど
例えばネット専門につかうとか、文書作成専門とかの
割り切った使い方のセカンドマシンには、いいね
しかし、3万5000円でノートPCが買える時代なのか
ものやんもノートPC増やしたと思うのですが…
もう少ししたら、価格も下がって機能も上がって
そう思ってなかなか、買うに踏み切れないのです
セカン度:★★★★★★
米デルが「5万円パソコン」最大3割値下げ HPや東芝に対抗 の2chの反応を読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。