上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 和歌山県すさみ町の和歌山南漁協すさみ支所は、町特産のスルメイカを干して真空パック処理し、はがき仕立てにした「するめーる」の年賀版の販売を始めた。

 あて先やメッセージを書き込むシールを、商品の袋の表面に張って使用。中に入っているスルメイカは食べられる。毎年3000枚限定だが、今年は東京や大阪の企業から大口注文が入って600枚を増産、うれしい悲鳴をあげている。

 1枚230円で切手は別売り。

スルメイカの年賀状

http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111501000630.html

ものやんの感想
「するめーる」って、おやじギャクな名前なのね
もし、これ送られてきたら…
うん、微妙
いくら食べられるとはいえ、あまり食べる気しないけどね


>今年は東京や大阪の企業から大口注文が入って
こんなの取引先に送るの?どんな企業なん
おやじギャク度:★★★★★★★★
スルメイカを干して出来た「食べられる」年賀状を販売…和歌山 の2chの反応を読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。