上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 国会などで土産物になっている福田康夫首相をモデルとしたまんじゅうの売り上げが、辞任表明後も伸び悩んでいる。駆け込み需要を当てにした業者からは「期待外れ」と嘆きの声も。視線は既に次期首相にちなむまんじゅうに移っている。

ka.jpg

 首相まんじゅうは菓子卸売り「大藤」(東京都荒川区)が企画。小泉純一郎元首相の「純ちゃんまんじゅう」は約30万箱、安倍晋三前首相の「晋ちゃんまんじゅう」は約54万箱が売れた。しかし福田首相にちなんだ群馬名産のこんにゃくパウダー入りまんじゅう「やっくんのビンボーくじで福が来た!」の売れ行きは8月までに10万箱程度といまひとつ。

 衆院議員会館で売店「おかめ堂」を経営する寺田真三さん(62)は、「安倍晋三前首相が辞めたときには1日600箱売れた」と残念そうに話した。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080911/trd0809110855006-n1.htm

ものやんの感想
こんなもん駆け込み需要なんかあるかよと思ってました
でも、安倍前首相の時は売れたんだって
福田さんの人気のさなが伺えますなw
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。