上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■新着エントリー
 ・09-19  ※3年ぶりですね
 ・04-15  ※お久しぶりです
 ・02-17  ※お知らせ
 ・02-11  ※スバル、レガシィコンセプト出展 ジュネーブモーターショー2009
 ・02-10  ※ギャートルズ肉、2929本即完売
 ・02-08  ※京成本線に「車だん吉号」が運行
 ・02-07  ※「ガチャピン」あしらった小型PC バンダイネット
 ・02-07  ※インドのタタ自動車が資金難、部品代一部未払い
 ・02-06  ※香港の富豪トップ40、この12か月で総資産が半分に 米フォーブス
 ・02-04  ※飯島愛さんの死因が判明
 「クーペを超えるクーペ」。6月にこのクルマを発表した際、自信満々に語ったのはBMWジャパンのヘスス・コルドバ社長。「SUV+クーペ」という新たなカテゴリーの登場は世界を驚かせた。SUVではなく、SAV(スポーツ・アクティビティー・ビークル)を名乗る新しいクルマだけに走破性能、加速感、乗り心地などは未知数。当然のごとく「乗ってみなきゃ分からない」と、相成ったわけである。

 ■スタイリング重視

 SUVといえば、荷室が広く、アウトドアのスポーツやレジャーなどに使うクルマというイメージが強い。さらに4WD車がほとんどで、悪路に強いことも必須条件だった。実はBMWは同じXシリーズの「X5」でこうした既成概念に挑戦している。X5の場合はオフロードだけでなく、オンロードでの走りも重視して作られた。X6(エックス シックス)では、さらにスタイリングも重要視した。確かに惚(ほ)れ惚(ぼ)れするような外観。特に米国人にはウケそうだ。

bmw.jpg

http://sankei.jp.msn.com/release/auto/080917/aut0809171519000-n1.htm
スポンサーサイト


■新着エントリー
 ・09-19  ※3年ぶりですね
 ・04-15  ※お久しぶりです
 ・02-17  ※お知らせ
 ・02-11  ※スバル、レガシィコンセプト出展 ジュネーブモーターショー2009
 ・02-10  ※ギャートルズ肉、2929本即完売
 ・02-08  ※京成本線に「車だん吉号」が運行
 ・02-07  ※「ガチャピン」あしらった小型PC バンダイネット
 ・02-07  ※インドのタタ自動車が資金難、部品代一部未払い
 ・02-06  ※香港の富豪トップ40、この12か月で総資産が半分に 米フォーブス
 ・02-04  ※飯島愛さんの死因が判明
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。