上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■新着エントリー
 ・09-19  ※3年ぶりですね
 ・04-15  ※お久しぶりです
 ・02-17  ※お知らせ
 ・02-11  ※スバル、レガシィコンセプト出展 ジュネーブモーターショー2009
 ・02-10  ※ギャートルズ肉、2929本即完売
 ・02-08  ※京成本線に「車だん吉号」が運行
 ・02-07  ※「ガチャピン」あしらった小型PC バンダイネット
 ・02-07  ※インドのタタ自動車が資金難、部品代一部未払い
 ・02-06  ※香港の富豪トップ40、この12か月で総資産が半分に 米フォーブス
 ・02-04  ※飯島愛さんの死因が判明
 メールマガジン配信サービス最大手まぐまぐ(東京都渋谷区)は、電子書籍のほか、音声・動画ファイルといった形で、自分のデジタルコンテンツ(情報の中身)を販売できる「まぐまぐ!マーケット」をスタートさせた。プロ、アマチュア問わず、1000万人を超えるまぐまぐのメルマガ読者に向けてオリジナル作品を売り出せるもので、クリエーターと消費者を結ぶ新市場として注目を集めそうだ。

 「まぐまぐ!マーケット」(http://www.mag2market.com/)の仕組みはこうだ。自作のコンテンツを販売したい人は、発行者登録を済ませた後、小説やエッセー、英語教材、講演、楽曲などさまざまな内容をそれぞれに合ったファイル形式で配信できる。

 その際、作品について、著作権を侵害していないかや、公序良俗に反するものでないかなど同社規定の審査を受ける。この審査によって、「違法な作品やアダルト目的の作品を追放する」(同社)狙いだ。

 ファイル形式は、PDF(電子書籍)、MP3・WAV(音声ファイル)、AVI・WMV(動画ファイル)、TEXT(読み切り型メルマガ)の6種類。ファイルへの加工方法などは販売者側の情報サイト(http://www.mag2market.com/info/sell.html)で説明している。

 プロ、アマ問わず、発行者登録は無料。審査が下りたコンテンツの販売価格は、発行者が自由に設定する。コンテンツが売れた場合、売り上げの70%を受け取り、残り30%をサービスの使用料としてまぐまぐに支払う。

http://sankei.jp.msn.com/economy/it/080921/its0809211804000-n1.htm

ものやんの感想
これでみんな俺は作家だ!ミュージシャンだって言えますぜ!
ただ…売れるか?それが問題
なかにはまぐまぐからブレイクする人も出るかな?
スポンサーサイト


■新着エントリー
 ・09-19  ※3年ぶりですね
 ・04-15  ※お久しぶりです
 ・02-17  ※お知らせ
 ・02-11  ※スバル、レガシィコンセプト出展 ジュネーブモーターショー2009
 ・02-10  ※ギャートルズ肉、2929本即完売
 ・02-08  ※京成本線に「車だん吉号」が運行
 ・02-07  ※「ガチャピン」あしらった小型PC バンダイネット
 ・02-07  ※インドのタタ自動車が資金難、部品代一部未払い
 ・02-06  ※香港の富豪トップ40、この12か月で総資産が半分に 米フォーブス
 ・02-04  ※飯島愛さんの死因が判明
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。